アプリ婚活【基礎編】

【幸せな成婚者が】マッチングアプリ婚活・再婚活のざっくり手順教えます

婚活アプリが信用できない女性
婚活アプリが信用できない女性
婚活アプリで結婚・再婚なんて本当にできるの…?

婚活アプリがなんとなく怖い女性
婚活アプリがなんとなく怖い女性
婚活アプリに登録してみたいけれど、なんだか怖いな…どんな感じか知りたい!

○まるやま○
○まるやま○
婚活アプリで再再婚した私、〇まるやま〇が、マッチングアプリ婚活・再婚活のざっくり手順をお教えします!


ざっくり手順こちらです↓

「スタート→情報収集→行動→バージョンアップ→ゴール」

そしてこの5項目の内、太字の3項目

「情報収集→行動→バージョンアップ」

をゴールに繋がるまで、ループしてやって行くと思って下さい。

 

婚活アプリ「マリッシュ」で252いいね!を貰い、実際に成婚・再再婚した〇まるやま〇。

もしかしたら、「3回も結婚しているんだから絶世の美女か、大した苦労もなく結婚しているんでしょ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

顔は普通(ただし、オタク上がりの画力でメイクにより中の上くらいに化ける)、年齢は婚活当時38歳、高卒で、有期の契約社員。

離婚歴は2回ありますし、なんなら結婚前提でした同棲も2回解消しています。

そんな〇まるやま〇が、まさに崖っぷちでへとへとになりながらもあきらめずに活動を続けた結果、たどり着いた手順です。

婚活初期に知っていたらもっと良かったのに!と思う、「ざっくり手順」

たかがざっくり。されどざっくり。

このざっくりとした全体像と、自分がどの辺りにいるかを知ることで、無駄にあせる事なく、できるだけ余裕を持って活動をすることが目的です。

 

これは私を含めて、婚活初心者の方が勘違いしがちなことだと思うのですが、
婚活はお相手探しの場である前に、人生最大級の自分探しの場であり、自分磨きの場です。


自分という人間をキチンと理解して適正かつ魅力的に、最適な市場で売り出し、ついでに更に魅力的になって、ゴールに向かいましょう。

以下、この手順を少し詳しく解説しますね。

 

情報収集とは→婚活の知識を増やすこと

なぜ婚活の知識を増やさないといけないかと言うと、
「今までの自分では(幸せな)結婚が出来ていないから」
ですね。

 

私のケースをお伝えすると…

自分にはどんな価値があって、どんな人が合っているのか?という事を、お付き合いをする前にしっかり認識しないまま、目の前にいた人と付き合いだして、流されて、ずるずるとお付き合いを続けたり、そのまま結婚をする。

→結果、結婚前提の同棲解消も2件含め、「バツ2」になりました。

 

 

自己肯定感が低く、自分に自信の無かった私は、いつも「自分には何もできない、相手が幸せにしてくれる」と、どこかで思っていたのだと思います。

逆説的ではありますが、相手が幸せにしてくれると思うからこそ、「今、目の前にいる相手にとことん合わせてつくしてしまう」傾向が強かったです。

(★自己肯定感が低い人はそうと認識はしていないのがやっかいなのですが、いつも不幸な恋愛や結婚をしてしまう人は可能性あり、要注意です!★)

適正に自分を認めて、

「幸せにしてもらうのでもなく、幸せにしてあげるのでもなく、一緒に幸せになれる相手を探そう!」

と常に学ぶ気持ちで婚活をし始めたころ、今の旦那様と出会い、再再婚をし、今とても幸せです。

そう、「自分という人間をちゃんと知る」ということも知識を増やすことなのです。

 

これを読んでいるあなたは、今までの恋愛や婚活、うまく行っているでしょうか?

うまく行っていないという人はもしかしたら、私と同じように自己分析が足りていないからかもしれません。

情報収集とは→婚活の知識を増やすこと

自分と市場とお相手と…情報収集をし知識を増やすことで、ミスマッチを防ぎ、幸せな結婚を目指しましょう!

行動とは→自身という作品の発表

情報収集して自己満足で終わってはバージョンアップにはなりません。
行動して、反応を見て、手を加えてあげることで自身という作品の精度が上がるからです。

プロフィールでも、デートでも、オンライン通話でも、人の目に触れて、反応を見て、実際に体感しましょう。

失敗してもいいんです。失敗はつきものですし、何かで動いていれば必ずするし、失敗は成功の素。

ぜーんぶ自分の栄養・成功にしてしまいましょう!

これを重ねる事で、自分で思っていた自分の価値と、市場価値の誤差が段々なくなって行きます。

そうすると「この人いいな」と思ってもらえる数も多くなります。

 

 

私のケースをお伝えすると…

  • プロフィールを更新→いいね!を貰える人の種類が変わって行く事に気が付く
  • 新しい事にも挑戦→それをまた「〇〇始めました」とプロフィールに更新
  • →新しく「いいね!」を貰った人に会ってみる

といった具合です。

 

 

プロフィールに単純に前向きな言葉を書くのは簡単なのですが、実際に今、行動している事を伝える事は、これから「結婚」という新しい生活を築こうと考えている人にとって、大きなプラスです。

「〇〇を始めてみたいと思っています」より「〇〇を始めました!」と言っている人の方が、より前向きに、魅力的に映ると思いませんか?

具体的に私が何をしてみたかというのは別の記事「【元人気会員の成婚者伝授】婚活アプリのいいね!の増やし方、超具体例で公表!」でお伝えしています。https://www.funnyparfait.com/marusan/?p=117

行動とは→自身という作品の発表

行動して、反応を見て、手を加えてあげることで自身という作品の精度を上げていきましょう!

バージョンアップとは→自身の成長

なぜ、婚活で成長する必要があるのかと言えば、自身が婚活市場で成長しアンテナを高くする事で

アンテナにかかる情報も高く多くなるからです。

これは私が婚活をしていた3ヶ月の間で「いいね!」数を増やして行く中で実感した事です。

そして断言しますが、絶対にアンテナはできるだけ高い方がいいです。

 

 

私のケースをお伝えすると…

  • 前の彼と別れた週末に悲しい気持ちを引きずったまま、自己分析もせず、勢いで行った婚活パーティーで出会った人→2回目の離婚のお相手に
  • 3回目の結婚へ向けた婚活の初期。友人の友人が彼氏をみつけたという「恋活」アプリでその日から「婚活」を始める→いいと思う人からは会う前からフラれ、実際に会った人は…身長10cmサバ読み・15年前の写真・実は親御さんと同居等、とにかくプロフィールに「大きめの嘘」を「たくさん」付いている人が多かった

 

 

情報収集を続け自分も成長し、できる精一杯の努力をした婚活の中から選んだ1人→今の旦那様です

 

 

上記にもあるように私の婚活期間は3ヶ月でしたが、婚活初期(~1ヶ月)の時点の自分では、おそらく、というか絶対に旦那様のアンテナにはかからなかったです。

そのくらい、初期と後期では「いいね!」をしてくれる人の種類・質が変わっていました。

なのですが、私の周りで婚活を始めた友達はだいたい2~3週間で辞めているか、1年以上婚活を続けている人は自身の「成長」をさせることに気が付かず、「婚活」しかしていない印象でした。

私自身も、今回の婚活の前はなんとなく流されて来た結果、「バツ2」になっているので、婚活をするうえで自己成長をすることの大切さが分かって頂けるのではないかと。

バージョンアップとは→自身の成長

自身が婚活市場でバージョンアップし、アンテナを高くしましょう!

情報収集と行動を繰り返して行くことで急成長ができる!

冒頭でもお伝えしたように婚活はお相手探しの場である前に、人生最大級の自分探しの場であり、自分磨きの場です。

「スタート→情報収集→行動→バージョンアップ→ゴール」

このざっくりした手順を頭の端でいいので入れておき、

もし行き詰まる時が来たら、

「情報収集→行動→バージョンアップ」

を繰り返し、必ず

「ゴール」

へたどり着きましょう!

家へ帰るまでが遠足、スタートしたらゴールをするまでが婚活。

ゴールするまでは自分にできそうな行動はどんどんやって、婚活市場で成長を続けましょう!

まとめ

婚活スタート→

→情報収集→行動→バージョンアップ→

→ゴール

運命の人に出会うまでが、婚活です!

このブログでは主にアラフォーの女性に向けて婚活情報を発信していきます。
あなたと運命の人が出会えますよう、応援しています!

○まるやま○
○まるやま○
↓のコメント欄より簡単な「アプリ婚活中の疑問、質問」にお答えします! 疑問、質問は他の人にも参考になるような内容でお願いいたします。 また、全てには回答ができかねることをご了承のうえご利用下さい! お待ちしております。

ABOUT ME
○まるやま○
【アラフォーバツ2女性がマッチングアプリ婚活で再再婚をして幸せに暮らしているのでブログ始めました(略して:まるさん)】:管理人   38歳アラフォーで「バツイチ」→「バツ2」になった○まるやま○が、崖っぷちで臨んだ3回目の結婚に向けてのマッチングアプリ婚活。 運命の相手に出会うまで、3ヶ月。婚活中に出会った男性は38人。 オークション+フリマアプリで鍛えたプロデュース力をフル稼働し、もらった最高「いいね!」数は252で、女性会員上位12.4%に入りました。 30代以降の婚活で女性が知っておくべき情報を辛口で提供し、応援します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA