アプリ婚活【実践編】

【面倒?何人と?】アラフォーアプリ婚活・再婚活でのやりとり極意3つ

婚活アプリ初心者
婚活アプリ初心者
婚活アプリでのやりとりって何人とするものなの?

婚活アプリ中級者
婚活アプリ中級者
婚活アプリを始めたけれど、やりとりが続かない!面倒!疲れた!

実際にマッチングアプリ婚活・再婚活を始めてみたけれど、こんなお悩みを抱える方、多いのではないでしょうか?

○まるやま○
○まるやま○
「マッチングアプリ婚活のやりとり極意3つ」教えちゃいます!

やりとり極意3つこちらです↓

  1. マッチング後はこちらからメッセージする
  2. お相手のペースに合わせる
  3. 同時にやりとりする人数→最大3~4人

この3つの極意が必要な理由、それは、

「無駄な力を入れず、淡々と進むことがゴールに繋がるから」

です。

実際やりとりを続けていて、これが難しいことはとっっってもよく分かります。

私も婚活初期はすべてのやりとりに全力でいどんで、くだけて、その破片を拾いあつめ、涙で接着し、次のやりとりに挑んで来たから。

でも婚活後期になっていくにつれ思ったのは、「コメントやりとりで一喜一憂する」「手の届かない人に無理して手をのばして悲しむ」等の感情をのせた行動は「婚活疲れを助長する必要のない努力」だったなということ。

そして、旦那様に出会って2回目のデートで「びっくりするくらいの居心地の良さ」を感じてみて、それは確信に変わりました。

3ヶ月の婚活期間に、婚活アプリ「マリッシュ」で252いいね!を貰って、女性会員上位12.4%に入り、

アプリで14人+婚活パーティーで20人+友人の紹介で4人=合計38人の男性

に実際にお会いして、その中の1人と3回目の結婚をし、現在幸せに暮らしている○まるやま○が伝授する「マッチングアプリ婚活やりとりの極意3つ」です!

 

【極意1】マッチング後はこちらからメッセージする

え?男性からいいね!を貰ったのに、こちらからメッセージするの?
と思われる方も多いかも知れませんね。

かくいう私も最初はそう思っていました。
でも、結論から言いますと

「アプリ上のやりとりだけでは、実際の人物像は分からない。より確実なのは実際に会う事」(※コロナ禍の間はオンラインでの会話)なので初動は早い方がいいのです!」

基本、婚活アプリで男性がいいね!と共にメッセージを付けるには、課金が必要だったり、キャンペーンで回数制限のもと、利用できる。というような縛りがあります。※2019年当時私が実際に登録したマッチングアプリ3つのケース

私の経験上、「メッセージを付けていいね!」をくれる男性は、相当課金をして必死に活動をされている方か、かなりのご年配の方、のどちらかでした。

実に9割以上の方からは最初に「メッセージなしのいいね!」が届く事になります。

更に、女性よりも男性の方が沢山の人にいいね!をしないといいね!を返して貰えないという現状があるようです。(ネット記事でも、実際にお会いした男性陣も同じことを言っていました。)

 

前置きが少し長くなりましたが、

そんないくつかの事情もあり、男性は数多くの女性にいいね!をしているので、

女性:「いいね!」を返してマッチング成立→

男性:マッチングを確認→
男性:こちらのプロフィールを読み直す→
男性:メッセージを考える→
男性:メッセージを送る→

女性:やっとメッセージが来た!

となります。
もちろん、タイミングが合えばすぐに来ることもありますが、そうでない場合も多いです。

【極意3】でも触れるのですが、やりとり人数は3~4人を目安にしたいので、これを待っていると時間をロスしてしまいます。

更にこの「マッチング後はこちらからメッセージする」をする事で、男性が会話の糸口を探さなくて済みますし、その後、ラインへの移行、オンライン会話へのお誘いやデートのお誘いを男性側からしてもらいやすくなります。

単純に自分自身もやっとメッセージが来たところでその男性のプロフィールを再確認してメッセージを送るという手間が省けます。

「そこまでしなきゃいけないの?」と思うかもしれませんが、

  • いいね!をもらえるのは登録から1~3日間が1番多く
  • メッセージのやりとりは他の男性ともしなければならないですし
  • 1日24時間なのは変わらないですし
  • 女性ホルモンを出すためにも22~2時は寝ていた方がいいですし
  • 次の日は仕事にだって行かなくてはならないのです

マッチングアプリ婚活はお金がかからない分、自分で自分の管理をしながら、時間を効率的に遣い、自分の足で可能性の数をどれだけたくさん稼ぐかが鍵になってきます。


結婚をあせっていると思われたら嫌だな…。
と感じるかも知れませんが、逆に自分からのアクションはここまで。

【極意2】でも記載しますが、後はひたすら男性のペースに合わせて行くので、最初だけちょっと頑張りましょう!

メッセージは男性のお仕事や趣味を必ず1つ取り入れて、自分がどう思うか?一緒にやってみたい!
というように、男性と自分をリンクさせた内容にしましょう。

 

例:「◯◯さんのお仕事は◯◯なんですね。知的で誠実なイメージですが、どんな所にやりがいを感じていますか?」

例:「◯◯さんは趣味が野球観戦なんですね。私は実際に球場に行った事がないので、一緒に観戦に連れて行って貰えると嬉しいです!」

 

【極意1まとめ】

実際の人物像は会ってみないと判らない、できるだけ早くオンライン会話やデートをしてみる為に、
「マッチング後はこちらからメッセージする」
ですよ~!

 

【極意2】お相手のペースに合わせる

メッセージやりとりを始めたら、今度はひたすらお相手の男性のペースに合わせましょう!

私は途中からお会いした14人の男性のほとんどに、ラインへの移行、デートへのお誘いのタイミングをお任せしました。

  • メッセージが送られてくる時間
  • メッセージの文章量
  • メッセージのやりとりの間隔
  • オンライン通話へのお誘い
  • アプリ上のやりとりから、ライン上でのやりとりへのお誘い
  • デートへのお誘い 等

利点は3つ。

  1. 単純にお相手のペースに合わせて行くだけなので自身が疲れ難い
  2. お相手がどんなタイプで、自分と相性や居心地がいいか客観的に判断しやすい
  3. 基本、追う習性のある男性。女性からの過剰アプローチで引かれてしまう事を防ぎます

最初にこちらからかんたんなメッセージを入れている為、男性側がどのくらいの頻度でどのくらいの情報量を欲しがっているのかというのも、初期に判断しやすくなります。

プロフィールを作った時と同じように、文章量や、自分とお相手の男性とで何ができるのかというような所に焦点を当てて、ここはひたすら、「淡々と」メッセージのやり取りを続けて下さい。

なぜあえて「淡々と」と書いたかというと、ここであまり感情をのせてしまうと上記のように「婚活疲れになって婚活を辞めたくなるから」です。

アプリ上のやりとりだけでは、本当の人物像がつかめていない場合が多いですし、「実際に会ってみると印象が全然違う」ということは「あるある」だと思って下さい!

メッセージのやりとりで盛り上がり過ぎてしまうと、「実際にデートをしてみた時にガッカリしたり傷ついてしまう原因」になります。

脅すわけではありませんが、最大3~4人とやりとりをして、

メッセージやりとりで盛り上がる→実際に会って「この人ではなかった」となる

をくりかえす事は、当然ですが精神的な負担が大きいのです。

(※とはいえ、実際のデートはどんな人がやって来ても楽しんで下さいね!)

 

私のケースをお伝えすると…

メッセージやりとりで盛り上がる→写真とは別人がやって来る(盛りに盛った写真+15年以上前の大学の卒業写真を使用し更にどう見ても20㎏は増量している)

メッセージやりとりで盛り上がる→自分より身長が低かった(私の身長、153cmです。ちなみにこの男性、プロフィールでは160cm表記になっていました)

メッセージやりとりで盛り上がる→年下だったはずが年上だった(アプリ登録時に何となく5歳若く登録したそう。のちに運営側に訂正してもらっていましたが)

 

といった具合です。

(ちなみに、上のケース全てショックは受けましたが、私はお会いしている数時間はせっかくなので楽しみました。婚活をできるだけスムーズに進めるためにも、どんなことが起きてもなるべく楽しむくらいの心構えもポイントです。)

 

私の影響で婚活アプリを始めた何人かの友人も…多くは語りたがらないのですが、皆がやりとりを始めて2~3週間位、1人か2人に会ったあたりで、

「私には向いていない」
「いい人がいない」

と、すぐに婚活疲れになって婚活を辞めてしまっていました。

 

でも、これってすごくもったいないと思うんです。

私も含め、そもそも「婚活」に向いている人なんていないと思います。

実際、私も婚活に疲れて2週間お休みしました。

でも、無料で、楽して、何か良い結果が欲しいなら10年前にさかのぼって20代で婚活を始めるしかないのです。

そう、アラフォーの婚活は、「向き不向き」ではなく、「戦略的に本気で運命の人に出会えるまで続ける」のみ。

 

特にアラフォー婚活の目的は「今の自分に見合った運命のお相手1人」を探す事なので、数人とやりとりしただけですぐに見つかるとは思わず、淡々と、やってくるお相手のペースに合わせてみて自分と相性や居心地が良いかどうかチェックしていく」という姿勢でやって行って下さいね。

婚活パーティーであせってお相手を決めてバツ2になってしまった私からすると、結婚する前にお相手との価値観の相違をしっかり確かめられるこのマッチングアプリ婚活は、ただただ結婚をするのではなく、「幸せな結婚」をするのにとても特化していると思います。

 

【極意2まとめ】

婚活疲れを防ぐ為、

一緒にいて自分と相性や居心地が良いかどうか確認する為、

男性の追いたい欲求を満たす為、

淡々と、

「お相手のペースに合わせる」

ですよ~!

【極意3】マッチングアプリ婚活で同時にやりとりする人数→最大3~4人

通常の恋愛とは違い、婚活市場では2人以上の方とやりとりするのが通常です。

マッチングアプリ婚活で同時にやりとりする人数は

「最大で3~4人」

私はお相手の情報を頭にいれつつ並行してやりとりしていくには、このくらいが限界かなと感じます。

  • マッチング初日から、お相手の名前・仕事・趣味等把握→
  • メッセージのやりとり→
  • 並行して新しくいいね!をもらった方の確認→
  • 自身で保存しておいた検索条件で新規入会してきた方の確認→
  • やりとり中のお相手から大体、1週間で実際にデートしてみようというお誘いが来て→
  • もしくはオンライン会話をしてみて→
  • 違ったらマイナス1人→

↑上記の繰り返しの中での最大が3~4人です

やりとりの間でも、お相手の男性が突然退会してしまうことも多々ありますし、お断りをされることもありますし、自分が違うと思ったらごめんなさいをする事もあるので、数は常に変動します。


が、特に始めたばかりは2~4人とのやりとりを目標に頑張って下さい。

補足ですが、私は14人の男性と実際にお会いし、2回目以降も会いたい(やりとりを続けたい)と思ったのは4人です。※この4人の中には今の旦那様も含まれます。

3~4人会ってみて(オンライン会話をして)1人、やりとりを続けたい人が居ればいいやという位の気持ちで淡々と進めて行きましょう!

もし、3回目以降も会うのであれば、同時にやりとりをしている男性がいることを申告し、「結婚に向けた真剣交際に移るかどうか」ということをしっかりと確認することを忘れずに!

※ここで真剣交際に移れない人は、たとえ好きになってしまっていたとしても、ご縁がなかったとあきらめること。

「アラフォー婚活」は「ドキドキした恋愛」を楽しんでいる時間はありません!

ゴールは「幸せな結婚をする」こと!

私も何度か後ろ髪引かれる思いをしましたが、きっぱりと断ち切ったから今の幸せがあると断言できます。

※男性の選び方については別の記事でまとめています

【極意3まとめ】

同時にやりとりする人数は3~4人まで

ですよ~!

「マッチングアプリやりとり極意3つ」のまとめ

  1. マッチング後はこちらからメッセージする→時間のロスを防ぎ効率アップ
  2. お相手のペースに合わせる→合わせてみて、自分と相性と居心地が良いかを確かめる
  3. 同時にやりとりする人数→最大3~4人→お相手の情報をしっかり頭に入れて、失礼のないように

上記を実行し、無駄な力を入れず、淡々と進む事でゴールに繋がりやすくなります。

このブログではアラフォー女性に向けてのマッチングアプリ婚活情報を発信していきます。
あなたと運命の人が出会えますよう、応援しています!

https://jin-theme.com/manual/design-pattern/
ABOUT ME
○まるやま○
【アラフォーバツ2女性がマッチングアプリ婚活で再再婚をして幸せに暮らしているのでブログ始めました(略して:まるさん)】:管理人   38歳アラフォーで「バツイチ」→「バツ2」になった○まるやま○が、崖っぷちで臨んだ3回目の結婚に向けてのマッチングアプリ婚活。 運命の相手に出会うまで、3ヶ月。婚活中に出会った男性は38人。 オークション+フリマアプリで鍛えたプロデュース力をフル稼働し、もらった最高「いいね!」数は252で、女性会員上位12.4%に入りました。 30代以降の婚活で女性が知っておくべき情報を辛口で提供し、応援します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA